仮性包茎を治して同時にペニス増大する方法

仮性包茎を治して同時にペニス増大する方法

包茎を治したい、どうすればいいの?

自分のペニスを見るたびに憂鬱になります。

 

そう思っていた時期が僕にもありました。

 

そんなガッツリ真性包茎だった僕でも、今では立派なずるむけペニスへと進化することが出来たのです。

 

今日は毎日ひたすらやっていたとあるマッサージについてセツメイをしていこうかとおもいます。

 

僕は、真性包茎だったしそれに皮の先っぽもかなり小さいドリルチンコみたいな感じでした。

 

最初の頃はペニスの皮をむくなんて信じられなかったし、それにこんなに張り付いている皮がむけるものだとは到底思えもしませんでした。

 

そこでとあるサイトで見たことを実践してみたのです。

 

毎日お風呂の時にペニスの皮を頑張ってちょっとずつ剥いていくこと。

 

そして、カントン包茎の人は皮の先のほうを摘んで横に広げたり縦に広げたり、そしてあるいは斜めに広げたりすること、そうすることで絶対に包茎は治るという記事を見かけたんですね。

 

それを見た僕は、もうこれがダメだったら手術をしようと思い、毎日実践してみることにしました。

 

最初の頃は先っぽのほうすら剥けませんでした。

 

だけれど毎日根気強くやっていくうちに、だんだんと露出する亀頭の部位が広がっていっていることに気づいたんです。

 

本当にテンションが上りました。

 

それからはもう生活の習慣となっているこの行為を毎日やるだけでしたね。

 

そして時は来ました。

 

オナニーをしている時に、なんと皮がずるっとむけたのです。

 

あれだけむけなかった皮が、一瞬でむけたんですね。

 

ほんとうに感動でした。

 

もし包茎に悩まされている人がいるのでしたら、絶対に実践しておくべきことです。

 

仮性方形の治し方

包茎を治す方法は包茎の種類によってバラバラです。

 

包茎は、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎とこれらの3つに分けられるのですが、各包茎によって治す方法は違います。

 

まず仮性包茎は、日本人男性のやく70%がこの状態だと言われている包茎のことで、勃起時には皮がしっかりとむけるという包茎のことなんですね。

 

正直この包茎は生活に支障はないし、セックスにも問題はないので治す必要はないと思いますが、どうしてもズル剥けにしたいというのであれば手術をうけることをおすすめします。

 

そして次に真性包茎なのですが、これはセックスに非常に悪い影響を与えてしまいます。

 

一体どういう状態のことを言うのかというと、まあ簡単にいえば皮と亀頭がくっついてしまっていて皮がむけなくなってしまっている状態のことなのです。

 

無理やりセックスをして無理やり皮を剥いてしまうと怪我につながったりしてしまいます。

 

この包茎は毎日の地道な努力が必要です。

 

毎日ちょっとずつペニスの皮をむいていって根気強く少しずつむいていくことが大切なのです。

 

そうすることで、気づいたら包茎が治っているという状態までなっていると思います。

 

なのでそこまでの我慢でしょう。

 

そして最後にカントン包茎なのですが、この包茎は一歩間違えたらペニスを失ってしまうことになるので無理はせずに病院へ行きましょう。

 

保険が効くので、手術を受けたほうが安全にそしてより手っ取り早く包茎を治すことが出来るでしょう。

 

惨めな真性包茎を治したい人はこの方法

包茎って本当に惨めですよね。

 

真性包茎だった頃のことを思い出すと、本当に憂鬱になってしまいます。

 

だけれど、真性包茎を僕は自分で治せたんです。

 

今日は、この真性包茎、またはカントン包茎の治し方についてここで話をしてこうかと思います。

 

まず、包茎について話をしていきますね。

 

包茎というのは、亀頭部分に包皮が覆いかぶさっている状態のことをいうのですが、勃起した時にその包皮が全て剥けて亀頭部分があらわになる包茎が仮性包茎、皮と亀頭が癒着して全く剥けない状態が真性包茎、そして少しは剥けるんだけど先っぽの部分が狭すぎて亀頭の半分くらいしか剥けないという人をカントン包茎と呼びます。

 

仮性包茎はセックスも問題なく出来るのですが、真性包茎とカントン包茎はそうも行かないんですね。

 

この包茎にセックスチャンスを何度も奪われたという人が多いんじゃないでしょうか。

 

まず真性包茎の治し方は非常に簡単です。

 

半年間毎日欠かさず、お風呂の中で皮をむく練習をしましょう。

 

ある程度むけるようになってきたら次はトイレなどの時にも少し剥いたりしましょう。

 

そうすることで癒着していた部分が剥がれてき、自然にむけるようになるでしょう。

 

カントン包茎は、これも毎日お風呂でのマッサージが必要になってきます。

 

ペニスの皮の先端部分を摘んで広げたりします。

 

そうすることで包皮の先端部分が広がってくので、剥けやすくなるでしょう。

 

しかし摘んで広げたりするだけではダメで、それをした後にしっかりと少しずつ皮をむく練習をしましょう。

 

真性包茎にも言えることなのですが、ある程度むけてきたら浴槽の中でペニスを優しく指で洗ってみることをおすすめします。

 

最初は外部の刺激に慣れてなくて痛みを感じるかもしれませんが、毎日やってくと慣れて痛みを感じなくなります。

 

 

包茎は自分で治せる!

包茎は自分で治せるということを知っている人がどれくらいいるでしょうか。

 

僕も昔は真性包茎だったのですが、当時は真性包茎って絶対に自分では治せないものだと思っていたし、手術をしなければいけないということを考えただけで憂鬱になっていたりもしました。

 

だけれど、自分で絶対に治せると思って毎日かかさずお風呂場で頑張ってむいていたんです。

 

最初は全く剥けなかったけれど、まいにちやっていくうちにだんだんと剥けるようになってきました。

 

これはいける!そう確信した僕はそれから毎日欠かさずお風呂の中でむけるところまでペニスの皮を剥いていくことにしたんです。

 

そして毎日皮をむきはじめてから約三ヶ月たったある日のこと、気づいたんですね。

 

皮がむけるようになったのはいいけど、亀頭に触ったらめっちゃいたい。

 

これどうしよう。

 

ってなりました。

 

そこで編み出したのが、お風呂の中で皮を剥いてそこで優しく指で洗っていこう、と。

 

最初の頃はやっぱり痛かったです。

 

だけれどAVなどを見ているとみんな痛そうにしている素振りはありません。

 

なので、絶対にこの痛みには慣れられると確信していました。

 

そして気づいた時には、もう立派な仮性包茎になっていたんですね。

 

このことに気づいた時は本当に嬉しかったです。

 

あれだけ苦しめられた真性包茎に約半年でおさらばすることが出来たのですから。

 

なので、包茎は手術じゃなくても半年あれば自分で治すことが出来ます!もしこの記事を読んで気になったという人がいるのであれば、ぜひとも一度でいいから継続してみて欲しいです

 

手術に頼らないで包茎を治したい人はこの方法

包茎というのは男性にとって大きな悩みになってきます。

 

重度の包茎は手術をしたほうが早いでしょう。

 

しかし、重度の包茎でも根気よく続けていれば、その包茎が治る方法があるんです。

 

今日はそのことについて話をしていこうかと思います。

 

まず、包茎は三種類に分けられます。

 

ひとつは仮性包茎、もうひとつは真性包茎、もう一つはカントン包茎なんです。

 

最初に言った仮性包茎は日本人男性の約7割がそうだと言われているのですが、これは通常時は皮が亀頭を覆っているものの、勃起時に亀頭が現れるのでセックスの時には全く問題はないんですね。

 

しかし真性包茎は、皮と亀頭が癒着している状態なので勃起をしても皮をむくことが出来ないんです。

 

しかし無理やり剥がしても怪我をしてしまう可能性があります。

 

では一体どうすればいいのでしょうか。

 

それは、お風呂の時に根気よく地道に少しずつ剥いていくというのが包茎解消への近道なんですね。

 

お風呂につかりながら、もしくは洗面器にお湯を入れてその中で優しく剥いていくのがお勧めです。

 

ではカントン包茎はどうでしょう。

 

この包茎は皮の先が狭くなり、亀頭の半分部分くらいで剥けなくなってしまうタイプの包茎なのですが無理やりむいてはダメなんです。

 

ではどうすればいいのか。

 

これもまたお風呂の中で、毎日皮の先っぽを横に広げたり縦に広げたりします。

 

そうすることで、カントン包茎はだいぶ改善されることでしょう。

 

包茎に悩んでいる人がいるのであれば、一度試してみてはどうでしょうか。

 

包茎は手術したほうがいいのか?

 

包茎って自力でなおした方がいいの?

 

それとも手術でなおした方がいいの?

 

って話をよく聴きますが、正直言って包茎がしっかりと治ってセックスに支障をきたさないのでしたらどっちでもいいです。

 

でもやっぱり、手術にするとかなり早い時間で包茎を治すことが出来ます。

 

逆に自力で治そうとすると、時間もかかるし何より根気も必要になってくるんです。

 

お金を払って早い時間で包茎を治すか、それとも無料な代わりに長い時間をかけて包茎を治すか、そういうことになってきます。

 

ちなみに真性包茎とカントン包茎は保険が効くので比較的安い値段で手術をうけることが出来るんですね。

 

仮性包茎はセックスに全く支障がないし、それに保険もきかないのでそのままでいいと思います。

 

手術は、本当にすぐ終わります。

 

そして自力で包茎を治す方法なのですが、これは正直言ってお風呂場で毎日コツコツと皮を剥いていくだけです。

 

お風呂の中でやるというのがコツです。

 

浴槽にはいらないという人は、洗面器にお湯をためてからその中でちょっとずつ剥いていくのがお勧めです。

 

そうすることで、数ヶ月で皮は剥けるようになるでしょう。

 

正直言ってどっちがいいとかどっちが悪いとかないので、自分が好きな様にしてみたら、と思います。

 

でもやっぱり学生さんはお金がないので数ヶ月頑張って自分で直してほしいと思いますね。

 

社会人でお金に余裕があるという人は、手術をすることをおすすめします。

 

包茎をなおしていいセックスライフを送りましょう。

 

 

包茎は毎日の努力で改善する!

男性にとって包茎というのは本当につらいものがあります。

 

包茎というのは、ペニスの亀頭が皮に覆われている状態のことを言うのですが、この状態は非常に衛生に悪いんですね。

 

ペニスに汚れがたまってしまうので、しっかりと皮を向いて洗う必要があります。

 

通常包茎には三種類のタイプが有ります。

 

まず一つ目が仮性包茎。

 

この包茎は通常時は皮をかぶっているけれど、勃起をした時には皮がすべて剥けるという状態のことを言います。

 

この状態は、セックスなどにも悪い影響を与えないので全く気にする必要はないんです。

 

日本人の約7割がこの包茎だと言われております。

 

そして次に真性包茎。

 

この包茎は、皮と亀頭の部分が張り付いてしまって皮が向けないという状態のことを言います。

 

この状態になってしまうとセックスが出来ません。

 

無理やり皮を向いてしまって痛い思いをした、なんて人もたくさんいます。

 

なので病院に行って包茎手術を受けるのが一番でしょう。

 

真性包茎は保険がきくので、比較的安い値段で包茎の手術をすることが出来るでしょう。

 

そしてさいごはカントン包茎です。

 

この包茎は、皮の先端部分が小さくて皮を剥きたくても剥けない、無理やり向いたら皮がペニスを締め付けてしまいうっ血を起こしてしまうんですね。

 

このタイプの包茎の人も、無理やり剥かないようにしましょう。

 

病院で手術をうけるのが一番ですが、手術が嫌という人はお風呂場で毎日先端部分を横や縦に広げてみましょう。

 

そうすることで、皮が広がってすんなり剥けるようになる可能性が出てくるからです。

 

包茎手術は最後の手段

日本人男性は包茎に悩まされているという人がたくさんいるのですが、やっぱり包茎は手術をした方がいいと思います。

 

確かに自力で治すのもひとつの手だと思いますけど、手術で包茎をなおしたほうが時間も早いし、ペニスがどんな状態なのかを知ることができるからです。

 

ちなみに、包茎には三種類存在していて、ひとつは仮性包茎、ひとつは真性包茎、ひとつはカントン包茎で分けられます。

 

仮性包茎は日本人男性のほとんどがそうだと言われておりますが、残りの2つは正直いって手術をした方がいいと思ってます。

 

真性包茎とカントン包茎は保険が効くので手術をしたほうが時間も早いし比較的安く済むからです。

 

手術が怖いという人や、学生さんで両親の同意をもらうときに包茎を打ち明けるのが恥ずかしいと思っている人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

 

手術はますいをするので全く痛くないし、それに両親も性行為をしてきたのですから包茎の辛さや悩みなどをわかってくれると思います。

 

正直言って、学生さんで真性包茎やカントン包茎の人がいるのであればすぐにでも手術をして欲しいです。

 

学生時代を、包茎によって潰されてほしくないのです。

 

僕は高校時代、包茎によって一度もセックスが出来ずに終わってしまいました。

 

チャンスがあったのにもかかわらず、包茎だからという理由でずっと逃げてきたのです。

 

そして社会人になった今本当に後悔しております。

 

なので、皆さんには同じ後悔をしてほしくないのです。

 

少しでも手術をしたいと思った人は、今すぐにでも動くべきです。

 

包茎で困ったことまとめ

男性にとって包茎というのは本当に嫌なものですよね。

 

仮性包茎ならまだしも、真性包茎やカントン包茎なのをみると、ほんとうに嫌な気持ちになってしまいます。

 

今日は包茎が与える害と包茎の治し方についてここで話をしていこうかと思います。

 

まず包茎が与える害としてあげられるのがやっぱりなんといっても汚れがたまるということです。

 

ずっと亀頭が皮に包まれている状態なので、どんどんと恥垢がたまってしまうんですね。

 

なのでやっぱり包茎を直さないと炎症などを起こしてペニスの病気などになってしまいます。

 

そして次に、セックスが出来ないということです。

 

仮性包茎なら問題はありませんが、真性包茎やカントン包茎の人たちが無理にセックスをしようとすると怪我をしてしまったり、もしかしたら病気を移したりしてしまうケースも有るんですね。

 

なので包茎は女性からも嫌われる存在となってしまうのです。

 

ではそんな包茎、どうやってなおせばいいのでしょうか。

 

答えは簡単です。

 

毎日お風呂の時にちょっとずつ剥いていくということが、包茎改善への近道なんですね。

 

毎日毎日しっかりと皮をちょっとずつ剥いていくという作業をすることによって、皮が広がっていきどんどんと剥けるようになるでしょう。

 

しかし無理は禁物です。

 

これ以上は無理だってとこでストップするようにしましょう。

 

僕も実際、真性包茎+皮の先っぽが細いという非常にやっかない包茎でしたが、この方法で改善出来ました。

 

包茎ってセックスにどんな影響がある?

包茎について皆さんご存知でしょうか。

 

包茎というのは、男性のペニスの亀頭部分が革で覆われている状態のことを言うのですが、これが実はセックスに悪い影響を与えてしまうんですね。

 

包茎には約三種類あるのですが、まず一つ目が仮性包茎。

 

この包茎は、セックスに悪い影響を与えないタイプの包茎です。

 

通常時は皮を被っておりますが、勃起すると皮が剥けて亀頭部分がむき出しの状態になります。

 

この包茎は問題なくセックスに励むことが出来ますね。

 

ちなみに、日本人男性の約7割がこの包茎だと言われております。

 

そして次に真性包茎と呼ばれるタイプの包茎ですね。

 

この包茎では、おそらくセックスは出来ないでしょう。

 

皮が亀頭と癒着しており、皮がむけない状態のことを指します。

 

無理やりセックスをしようと女性器に挿入してみたところ、皮が剥がれて亀頭から血が出てひどいことになった。

 

という話もよく聞いたことがあります。

 

この包茎は、お風呂場などの温かいところでゆっくりやさしく、毎日少しずつむいていく練習をすることをおすすめします。

 

そして最後にカントン包茎です。

 

この包茎は手強いです。

 

皮の先っぽの輪のところが狭いため、亀頭の半分くらいでむけなくなってしまう包茎です。

 

無理やり向いてしまうと、根元の部分で皮が引っかかり戻らなくなってしまいます。

 

その結果、ペニスが締め付けられることになるのでうっ血して最悪の場合ペニスが壊死してしまう可能性もあるのです。

 

なので手術をするのが一番です。

page top