パソコン検定の種類には「基本情報技術者試験」「初級システムアドミニストレーター」といったものがあり、公的機関が認定しているパソコン検定の種類には「CG検定」というものもあります。

パソコン検定の重要性

IT社会である現在、企業は即戦力になる人材を求めており、就職面 接の際スキルや資格を持っている人が有利になります。中でもパソコン検定は、パソコンを利用する者のレベルを客観的に測るものとして、その人のスキルの証 明につながります。

このパソコン検定は、国の認定によるもの・公的機関の認定によるもの・民間の認定によるものがあり、また検定の種類も数多くあります。 せっかく資格を取るのならば、自分が目指す職業にあったパソコン検定の種類を選び、是非就職に役立てましょう。パソコン検定は社会や企業が必要としている スキルに合わせて設定されているため、就職や転職に非常に有利な資格なのです。

パソコン検定の種類

一言でパソコン検定といっても、実は様々な種類の パソコン検定があります。国が認定しているパソコン検定の種類には「基本情報技術者試験」「初級システムアドミニストレーター」といったものがあり、公的 機関が認定しているパソコン検定の種類には「CG検定」というものもあります。

このほかに、民間が認定しているパソコン検定には数多くの種類があります。 まずは、何を学んでどんなパソコン検定を受けて資格を取れば良いのか、よく考える必要があります。例えばクリエーターを目指す人ならば「DTP検定」や 「CADトレース技能審査」など取得しておくと、就職の際やその道の仕事を進めていく場合などにもなにかと便利です。パソコン検定は、ただやみくもに様々 な種類の資格を持っていればいいというわけではありません。自分の希望に合った資格を選び、効率的なスキルアップを目指しましょう。