ファッションセラピーの資格を取得する方法を紹介しています。

ファッションセラピーとは?

本来ファッションセラピーとは、障害や高齢などの理由から ファッションを楽しみたくても楽しめない人に対し、装いの支援を行なうことをいいます。年齢、障害に関係なく、その人に合ったスタイルを提案するのが ファッションセラピーの仕事です。

ファッションを楽しむことで、前向きになったり、リハビリとしての効果を期待して行なう心理療法の一環として、ファッ ションセラピーは行なわれています。心理療法を目的としているため、ファッションセラピーを行なう人は、ファッション関係の資格のほかに、心理カウンセ ラーなどの資格を持っている人が多いです。

近頃では、高齢者や生涯のない人にも、その人に似合う洋服のアドバイスをしたり、企業向けに身だしなみの研修を したりしている場合も多く、ファッションセラピーは注目を集めています。

ファッションセラピーに必要な資格

ファッションセラピーの仕事は、そ の人の内面の魅力を引き出すスタイリングを提案することです。ファッションから心理カウンセラーなど、様々な資格を活かし、着る人が元気で明るい気持ちに なれるようなスタイリングを提供します。ファッションセラピーを目指す場合「ファッションセラピー」という名の資格はありません。

その道の学校に進み、勉 強すれば資格はなくてもファッションセラピーの仕事につくことが出来ます。しかし、着飾ることは人の内面と密接に関係しているため、心理系の資格を取って おくと様々な視点からスタイルの提案をすることが出来るでしょう。

また、ファッション関係の資格を持っていれば更に感性に磨きがかかり、ファッションセラ ピーの仕事に大きくプラスになるでしょう。