韓国では薬味・香辛料・調味料を調合して作られた合わせ調味料のことを「薬念醤(ヤンニョムジャン)」といいます。

注目の韓国料理

今注目が集まっています。韓国の食は北東アジアの思想である陰陽五行説と いうものに基づいており、五味(辛・甘・酸・鹹・苦)五色(青・赤・黄・白・黒)を調和した、バランスのとれた食事になっています。韓国料理の五味五色を 形作るのは、韓国独自の様々な薬味、香辛料、調味料です。この韓国独自の薬味、香辛料、調味料の総称を「薬念(ヤンニョム) 」といいます。薬念の名の由来は、塩が薬のように貴重だった時代の名残りといわれています。こうした韓国独自の薬味、香辛料、調味料の組み合わせによっ て、韓国の女性は体調・美容を維持しているのです。

韓国独自の薬味・香辛料・調味料

韓国料理の味の決め手は、薬念といわ れる韓国独自の薬味・香辛料・調味料の複合です。多くの薬味・香辛料・調味料を合わせることによって、韓国料理特有の複雑かつ深い味わいを出すことが出来 ます。韓国では薬味・香辛料・調味料を調合して作られた合わせ調味料のことを「薬念醤(ヤンニョムジャン)」といいます。

この薬念醤は食材の美味しさを引 き出すために、料理ごとに多種多様の薬味・香辛料・調味料が調合されます。その調合は皆独自のものなので、韓国の家庭料理は作り手によって味が違います。 こういった薬味・香辛料・調味料へのこだわりが美味しい料理を作り、またその料理が健康な体を作り出すのです。