yoko矢沢は矢沢永吉の長女。yoko自ら作詞した「秘密の場所」をリード曲にしたミニアルバムが10月29日にエイベックスからリリースされます。yokoが矢沢栄吉譲りの歌声を聴かせてくれるのが楽しみですね

yoko矢沢デビュー

yokoは矢沢永吉の長女です、yoko自ら作詞した「秘密の場所」をリード曲にしたミニアルバムが10月29日にthe generousとしてエイベックスからリリースされます。 yokoは父親の矢沢永吉譲りの、ハスキーな歌声が特徴の歌手です。

上智大学の、ドイツ文学科を卒業したばかりの美人さんです。 yoko矢沢は、12歳から18歳までアメリカのロサンゼルスで過ごしていた関係で、14歳の時にはボイストレーナー界の巨匠の、セス・リグス氏のレッスンを受けています。 歌手としての、血筋も環境もトレーニングも抜群の歌手ですね、おまけにルックスもスタイルも抜群ですから、人気急上昇は間違いないところでしょう。

yokoの父親は矢沢永吉

yokoの父親の矢沢永吉は、1949年生まれの愛称「永ちゃん」や「ボス」と呼ばれている広島県出身のロックミュージシャンです。 矢沢永吉は、2007年の時点で、楽曲数300曲でライブ総数1500本、総動員数550万人を超えています。 現在も、オリコンアルバムランキングのベスト10入り最多記録の更新中です、現在までにベストテン入りは46作あります。 さらに、102回を誇る日本武道館最多公演記録も更新中です。

yokoの父親の矢沢永吉は1972年に、ジョニー大倉・内海利勝・ユウ岡崎らとロックバンドキャロルを結成して、自らはボーカルとベースギターを担当しました。 仲間と結成したキャロルは2年余りの活動後、1975年4月に日比谷野外音楽堂で解散ライブを行いました。 キャロル解散後の矢沢永吉は、CBSソニーと契約を結んでソロ活動で人気を高めていきます。

1997年には、長者番付歌手部門1位を獲得、さらに1978年のCMソングの「時間よ止まれ」の曲は大ヒットし、現在でも耳にする楽曲です。 yokoの父親の矢沢永吉は、いつまでも皆に好かれる歌手です。 「永ちゃん」と同じように、yokoも皆に好かれる歌手になって欲しいですね。